知ってる?はんこの魅力あれこれ

はんこは、何らかの素材を彫って、そこにインクを付けて紙に文字や模様を印す道具です。一般的には実印や銀行印などに使われますが、このほか荷物の受け取りなどに使われる認印などもあります。実印や銀行印はオーダーで作られたものが使われますが、認印は大量生産されたものが使われます。一方で現代では機械で自動に作ることが出来るようになっているので、安価に作ることができるようになっていますし、精密な彫刻を施すことが簡単に出来るようになっています。このため単に名字や名前、会社名を印すだけでなく模様を入れることも可能です。また加工のしやすいゴム印では名前はもちろん住所やちょっとしたアクセントの模様などを用いたものもあります。価格も1000円程度から作ることができあらゆる場面で活用することができます。

はんこに使われる材料と作る費用は

使われる素材としては木材、角・牙、金属、樹脂の4つに分類されます。基本的には掘ることで作られますが、以前は手彫りでしたが近年は機械で自動的に彫られるものが一般的です。印鑑や実印などの場合にはこれら比較的、硬い素材で作られるもので複製することが困難な書体などで作られます。またサイズも決まっており、それぞれ用途に合わせたものが使われます。印鑑以外、特に重要性のないものであればゴム印が一般的です。費用は素材によって左右され一般的な木材、樹脂など柔らかにものであれば3000円から7000円程度でオリジナルのものが作れます。一方で金属製のものは作るのが難しいので1万円以上はします。またゴム印の場合には掘るさいの加工が容易なので1000円程度で作ることができます。

さまざまなはんこの用途とメリット

用途としては実印や銀行印などが知られます。実印は自治体で登録したもので公的な効力があるものです。また銀行印は、銀行などに届け出るもので預金の引き出しなどに使われます。両者は重要の役割を果たしていますが、それ以外にも認印があります。これは荷物を受け取ったりしたさいに使われるもので、会社などで使われる書類に押すものなども認印になります。これらは押す機会も多いのでインクが滲み出るタイプのものが広く使われています。一方でこれ以外のものとしてはゴム印があり住所や名前などを彫ったものがあります。これらは大量に書類を書かなければならない場合に作業を軽減するものです。またベルト式のゴム印を用いて日付などを変更できるものなどは、受け取りとその時間を示すために使われています。