はんこの隠れたパワーを実感しよう

私たちの日常生活の中で、印を押すという事はかなり身近な行動となっています。自分のものであることを示すために様々な場所で使うことになるためです。ものに名前を付けるために、自宅で荷物を受け取る時のサイン代わりに、書類を見たことを示すために、契約の意思を示すためになど、様々な場面で愛用されていく品物になります。誰かと使いまわすことはほとんどなく、自分専用のはんこを持つことになります。どうせ持つのであれば、自分が心地よいと思えるもの、自信が持てるものにしていきたいものです。どのようなものを選ぶかによって、隠されたパワーが自分を支えてくれることがあります。いざというときに支えとなってくれるような自分だけのとっておきの一本を探しておきましょう。

素材を変えることによりお守りにも

はんこと一口に言っても使われている素材は様々なものがあります。安価で手に入りやすく、日常使いしている方が多いのがプラスチック製のものでしょう。それに加えて何か自分だけのパワーを込めた印鑑を作りたいと思うのであれば、素材にこだわってみるという事がお勧めです。最近はパワーストーンを利用した印鑑が女性を中心に人気を集めています。色がかわいらしいという魅力と、石に込められたパワーがお守りのように感じられるという事がメリットといえるでしょう。象牙や水牛、木材や金属なども素材として使われます。自分の気に入ったもの、自然のパワーが伝わるものなどはお守りとして愛用していくという事もできるでしょう。一生使う印鑑は、自分にとってパワーを感じられるものにするとよいでしょう。

耐久性や字体にもこだわって選ぼう

実印など、長く保管して使うことになるものについては、耐久性のある素材を使うとよいでしょう。使い続けることで自分のものという意識が生まれ、愛着がパワーとなることもあります。たくさん使う、長く使うという事であれば、こうした耐久性を重視した素材選びという事を意識していきたいところです。また、押した時の字体にパワーを込めるという方も多いです。開運に良い文字や書体を選んで彫ってもらうことで、お守りとしての意味もより強くなっていくでしょう。いざ必要になった時にあわててはんこを作ろうとすると、こだわりを活かせないままになってしまいがちです。余裕のある時に、自分にとってどんなものが良いのかを考えながらじっくり選び、自分だけの一本を持てるようにしておきたいものです。